PCMAXで知り合った色白熟女のテクニックに病みつき

転勤でさいたま市に住み始めて、半年ほどが経過した頃です。

新しい職場にも慣れ始め、そうすると独身の男として遊びたくなるのが本音です。
しかし私の関西系のノリと年齢が40代半ばという事もあり、なかなか出会いの機会やチャンスはありませんでした。
最初の頃は、スポーツクラブやお酒を飲む場所などにも出かけていたのですが、どうも上手くいきません。もちろん外見に自信がある訳ではなく、むしろ無いのですが、それをカバーする意味で話を広げようと関西弁で喋り倒してしまうのが、逆効果だったのでしょう。

直接の出会いを諦めた私はある出会い系サイトに掛けてみる事にしました。出会い系で若い女の子と援助交際でもいいから楽しみたいという希望もありましたが、金銭的にもトータルで安いと思ったからです。
クラブやキャバクラなどのお酒を飲む場所に行くよりも、出会い系サイトの方が断然安くまたチャンスも多いからです。
登録する出会い系サイトはどこにするか悩んだのですが、このサイト(援交ラボ【出会い系の援交相場、募集掲示板について】)内でお勧めの一番人気がある所を選び、ダメなら次にすれば良いと安易に考え、PCMAXにしました。

ただ登録してからふと考えました。援交目的で登録したものの実のところ援助交際などしたくはないのではないかと。私は自分の年齢が高い事と、落ち着きたい気持ちもあるのではないのかと。そこで敢えて年上女性との真剣な交際を希望して出会い系サイトに臨むことにしたのです。

それが功を奏したのか、ある40代後半の女性と連絡を取り合うようになりました。その女性も同じ関西出身で独身という事もあり、意気投合したのです。
何度か連絡を取りあい、意外にも彼女の方が積極的で、それは長年彼氏がいない事や、私の関西独特の対応が良かったのでしょう。遂に実際に逢う事になりました。

大宮駅で待ち合わせをして始めて見た時は、正直年齢相応な外見なので特別驚くこともなく、逆に安心をした方です。
夕方だったので近くのオシャレな居酒屋に行き、初めて逢ったとは思えないほど会話は弾み、あっという間に数時間が経過しました。多分、何度も連絡のやり取りはしていたので、それが二人の距離を縮めてくれたのでしょう。PCMAXのお蔭だと言えます。
お酒を飲んだ男女がやるのは、後は一つしかありません。
彼女は顔は年齢相応ですが、色が白くスタイルも良いのでそこが魅力的なのです。
1年ほど女性と行為がない男にとっては、我慢できない堪らない色っぽさがあるのです。
ラブホテルは何故か、彼女はお金を支払ってくれて笑ってしまいました。
そして部屋では、年齢からは想像もできないほど激しく、そのギャップにあっという間に果ててしまう、情けない自分がいました。
それにしても彼女のテクニックと喘ぎは、アダルトDVD以上で経験乏しい私では太刀打ちができないほどです。
胸は確かに少し萎んでいますが、お尻や背中は30代のようでバックからやっていると本当に年齢を感じさせません。
また情熱的なキスも私好みで、興奮すると色白な体が赤く染まるのが、男として興奮するのです。
現在も関係はもちろん続いていて、結婚をしても良いと考えています。
料理も上手で体の相性も良い。おまけに関西人同士という事もあり、これ以上の贅沢はないでしょう。

いつか近いうちに、両親に彼女を紹介したいと思っています。

援助交際なんて安易な手に飛びつかずに正解でした。